男性がキャバクラで働くときの仕事内容と注意点まとめ

お店の経営をサポートする

>

お店で最も偉い存在

責任が増える仕事

お店の責任者のことを、店長と呼びます。
頑張って働くと、ボーイから店長になることも可能なのでそれを目標にしても良いでしょう。
お店で働くスタッフ全員を管理したり、マネージャーでは足りなかった部分を新人に教育したりします。
さらに毎月の全体の売り上げを管理することも仕事なので、こまめにチェックしてください。

売り上げが低下している時は原因を早く突き止めて回復しないと、お店を経営できない状態に陥ってしまいます。
またキャバクラでは、定期的に独自のイベントを開催します。
どのようなイベントならお客さんが楽しんでくれるのか、それを第一に考えましょう。
お店の業務全般を担当するので大変ですが、やりがいも大きいと思います。

求められる能力

店長は、お店のリーダー的存在だと言えます。
ですからスタッフをまとめる能力や、トラブルが起こった時に率先して対処できる能力が求められます。
どんなに長くキャバクラで働いている男性でも、その能力がないと判断されると店長にはなれません。
店長になると、さらに給料が増える面がメリットです。

毎日考えることがあって疲れるかもしれませんが、給料をたくさんもらえるならそれを励みに頑張れるはずです。
店長になると固定給与の他に、売り上げに応じたボーナスが発生します。
ですから高い給料を得られますし、かなり売り上げが大きいと年収が1千万円を超える人もいます。
スムーズにいけば、ボーイから1年ほどで店長になれるケースも多いです。


TOPへ戻る