男性がキャバクラで働くときの仕事内容と注意点まとめ

お店の経営をサポートする

>

マネージャーという立場

育てることが仕事になる

マネージャーになったら、新人のボーイを教育してください。
自分もやってきたボーイの仕事を、丁寧に伝えましょう。
優秀なボーイが育つことで、自分の仕事が楽になるメリットがあります。
さらにマネージャーは、キャストを管理することも仕事なので忘れないでください。
誰がいつ出勤するのか決めるのも、マネージャーが担当します。

キャストにも用事があるので、みんなから早めに予定を聞いてシフトを作りましょう。
定期的に休みを与えることでキャストはしっかり身体を休められ、働きやすくなります。
またそれぞれのキャストが、毎月どのくらい稼いでいるのかも管理しましょう。
そのようにお店を経営するために、マネージャーは大切な仕事を担っています。

積極的に連絡をしよう

キャストが働く際のアドバイスを伝えるのも、マネージャーの仕事です。
まだ新人のキャストには、基本的な接客方法を伝えてください。
少し慣れてきたキャストには、お客さんから指名されるコツを教えると良いですね。
そのようなコツやポイントを、メールを使って連絡します。

お店にいる際は、キャストが忙しいので口頭で伝える時間はありません。
メールで伝え、時間がある時に読んでもらってください。
頻繁にキャストとコミュニケーションを取ることでみんなが仲良くなり、お店の雰囲気も明るくなるメリットがあります。
するとお客さんにとっても、居心地の良い場所になるでしょう。
さらに仕事に悩んでいるキャストがいれば、話を聞いてあげてください。


TOPへ戻る