男性がキャバクラで働くときの仕事内容と注意点まとめ

お店の経営をサポートする

裏方のような仕事が多い

たくさん稼ぎたいと思っている男性は、キャバクラで働くのが良い方法です。 男性は女性とは異なり、お店の経営をサポートするような仕事が主になります。 最初はボーイという立場からスタートしますが、自分の頑張り次第ではランクアップできるので頑張ってください。

男性の求人を見つけよう

男性がキャバクラに入店した場合は、ボーイという役職から始まります。
たくさんお店に貢献すれば、どんどん役職が上がっていくので頑張ってください。
ボーイは、店長やマネージャーの指示に従いながら掃除をしたり、買い出しをしたりするのが仕事です。
開店準備を済ませ、お店が開いたらホールやキッチンの仕事を担当しましょう。
このようにボーイには、仕事がたくさんあります。

自分の功績が認められて昇給すると、マネージャーという立場になります。
今度はボーイを教育したり、キャストの出勤時間や個々の売り上げを管理したりすることが仕事です。
ちなみにキャストというのは、キャバクラで働く女性のことなので覚えておきましょう。
キャストとコミュニケーションを取る機会が多く、みんなで仲良く仕事に取り組めるような雰囲気を作るように努力してください。
お店で働くキャストの人数が多いと、1人で何十人も管理する場合もあります。

マネージャーを経て、さらに昇給すると店長になります。
お店で最も偉い存在で、キャストやボーイ、マネージャーなどお店で働く人たち全員を管理してください。
さらに売り上げを管理したり、お店で行うイベントを考えたりすることも店長の仕事です。
どうすればお店の業績を上げられるのかしっかり考えなければいけないので、みんなをまとめて引っ張っていける能力が求められます。
大変ですがランクが上がるごとに給料も上がるので、店長を目指して働きましょう。

マネージャーという立場

ボーイから昇格すると、マネージャーになります。 ボーイやキャストを教育することがマネージャーの仕事なので、わかりやすく伝えてください。 連絡する際は、メールを使うことが多いです。 みんなとメールアドレスを交換し、積極的にコミュニケーションを取ってください。

お店で最も偉い存在

さらにマネージャーの上に、店長という立場があります。 名前を見てもわかる通りお店で最も偉い立場ですが、それだけ仕事が大変ですし、責任も大きいです。 お店の今後の経営が、店長にかかっていると理解しましょう。 ただ店長になれば、給料がボーイやマネージャーの頃より増えます。

TOPへ戻る